新着情報

【メディア掲載】バンコク事業所・開所式のご報告

2019.01.08

タイ国バンコク県の「SEREN HOSPITAL」での、

事業がスタートしました。

 

1月7日には、現地にて、

開所式をおこないましたことを、

ご報告いたします。

 

当日は、JICA、医療関係者、学校教育関係者、

タイでの事業家など、多数の方々にお越し頂きました。

 

事業開始につきましては、

皆さまの多大なご協力がございました。

御礼申し上げます。

 

当日、取材頂きましたNNA様には、

下記のようにご紹介頂いております。

 

介護経営コンサルティング事業を展開する

スターパートナーズ(東京都品川区)は7日、

タイの首都バンコクで脳梗塞や認知症患者向けのリハビリステーションを開業した。

同社が海外に進出するのは初めて。

 

高齢化が進むタイの中高所得層や外国人富裕層のリハビリ需要を取り込む狙い。

初年度は約220人へのサービス提供を目指す。

 

バンコク東部のフアマーク地区にあるセレン病院の2階で、

「脳梗塞・認知症リハビリテーションBANGKOK」を開業した。

ステーションの面積は約200平方メートル。

タイの理学療法士2人、ヘルパー1人に加え、

日本の理学療法士や作業療法士が施術、指導を行う。

 

脳梗塞や認知症を抱える患者が自力で食事をするなどの

日常生活を送れるようにするため、

脳の働きを回復させるトレーニングを行う。

 

営業は月~金曜日で、1日5~6人の対応が可能。

料金は日本で受けるサービスの半額の水準になるという。

(以下、続く)~

 

念願でありました国際貢献に向けて、

社員一同尽力してまいります。

 

今後とも、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

スターパートナーズ

一同

 

<掲載記事>

 

・NNA ASIA 様 2019年1月8日 記事
「介護コンサルのスターパートナーズ社がリハビリ施設を開設」

⇒https://www.nna.jp/news/show/1854750

 

・「タイ国バンコク県でのリハビリテーション事業開始のお知らせ」

2018年12月26日 記事

⇒https://care-sp.net/information/972/ 

 

<本件に対するお問合せ>

担当:広報
info@care-sp.net
0120-99-4306