新着情報

タイ国バンコク県でリハビリテーション事業開始のお知らせ

2018.12.26

【タイ国バンコク県でリハビリテーション事業開始のお知らせ】

 

株式会社スターパートナーズ(日本・当社)、アジアン・アグリケア・サポート株式会社(日本)、ローカルパートナーの3社は、タイ・バンコク県において現地法人Japan Care and Medical co.,Ltdを設立し、2019年1月より「脳梗塞・認知症リハビリテーションBANGKOK」をバンコクにて開業いたします。
 
 「脳梗塞・認知症リハビリテーションBANGKOK」は、脳梗塞発症後、時間が経ってしまった麻痺のリハビリや、科学的根拠に基づいた非薬物的な認知症への改善アプローチを、日本での実証に基づいて提供する施設です。現地医療機関であるSERENE HOSPITAL(代表:(レヌー・ウボン医師))と連携します。2019年1月7日に同病院にて開業式をおこないます。
 
 高齢者人口約950万人のタイ国で最も多い疾患として脳卒中・認知症が知られています。回復期・慢性期入院医療のない同国では、すでに一部の高所得者層は自費による訪問・通い等リハビリテーションを利用しています。今後中所得者層においても当該領域・分野は普及すると考え、日本式リハビリテーションの認知度向上につながることを期待しています。

 

当社としましては、2017年12月より開業しております「脳梗塞リハビリステーション福岡」、2018年12月に開業しました「脳梗塞リハビリステーション山口」でのリハビリノウハウ、経験をアジアの当該分野の発展に寄与できるチャンスと捉え、定期的に当センター所属の国家資格保持者であるセラピストを派遣していきます。

 

 

<新会社の概要>

 

・新会社名称:Japan Care and Medical co.,Ltd(タイ国)

            通称:JPCM

 

・設立者・共同代表:
 齋藤 直路(スターパートナーズ社 代表)
 岩本 昌樹(アジアン・アグリケア・サポート社 代表、社会福祉法人くだまつ平成会 理事長)

 飯田 光孝(特別顧問)

 

・連携:SERENE HOSPITAL 

 

 代表:Dr. Renu Ubol氏

    バンコク病院日本人クリニック医長 兼 副医局長
            H27春の外国人叙勲受章、京都大学医学研究科博士号

 

<設立者概要>

 

①株式会社スターパートナーズ

 

代表取締役:齋藤直路、本事業の共同代表

本社:東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前4階 

福岡支社/脳梗塞リハビリステーション福岡:福岡県福岡市中央区天神3丁目3-7 天神応順ビル7階

事業概要:介護医療福祉経営コンサルティング、脳梗塞リハビリ事業(福岡・山口)、セミナー等講師、執筆等

 

・HP(スターパートナーズ社):https://care-sp.net/

・脳梗塞リハビリステーション福岡:https://kyu-reha.jp/

 

②アジアン・アグリケア・サポート株式会社

 

代表取締役:岩本 昌樹、本事業の共同代表
本社:山口県周南市大字久米3202番地の15

事業概要:人材教育等。特別養護老人ホーム、デイサービス、保育園等を運営する社会福祉法人くだまつ平成会と連携

 

・HP(社会福祉法人くだまつ平成会):http://hoshiosato.strikingly.com/

 

★上記に加え、現地のローカルパートナー、弁護士等の専門家がアドバイザリーボードのメンバーです

<特別顧問>飯田 光孝 氏・・・東京大学卒(工学部)、タイ王国国立チュラロンコン大学大学院 首席入学、
               米国公認会計士 (2004年2月 米国デラウェア州にて取得)、経営学修士

 

<プレスリリース資料>

プレスリリースはこちらからダウンロード可能です。

SP_JPCM

 

 

 

<本件に対するお問合せ>

担当:広報
info@care-sp.net
0120-99-4306