スターパートナーズのコンサルタントは、
介護・医療・保育・福祉業界でのご支援実績多数です。

齋藤 直路

代表取締役

齋藤 直路Naomichi Saito

東京都出身、宮崎にて幼少期を過ごす。 大手コンサルティング会社等を経て、株式会社スターパートナーズを設立。 一般社団法人 介護経営フォーラムの代表理事を務め、東京・福岡・仙台にて、介護経営に特化した会員制研究会である「介護経営フォーラム」を主宰する。 介護施設のマーケティング(ブランディング・集客等)、マネジメント(人事制度・採用・定着等)にも定評がある。
日本の優れた介護サービスを、アジアを中心とした福祉領域の発展に役立てられるよう活動し、タイ日本大使館での講演や、アジア視察・交流ツアーを主宰する。その傍ら行政等の委員会委員を務める。
講演、執筆などメディア実績多数。最近は女性自身、プレシデント、週刊文春等の一般誌でも介護保険・介護施設について解説することも多い。 九州大学大学院医学系学府卒(MPH:公衆衛生学修士)、日本社会事業大学大学院卒(MSW:福祉マネジメント学修士)。

著書・最近の執筆

  • 『はじめてでもわかる!介護施設&老人ホームのさがし方・選び方』
    (2016,サンライズパブリッシング)
  • 『あの介護施設はなぜ、地域一番人気になったのか!!』(2015, PHP研究所)
  • 『あの介護施設にはなぜ、人が 集まるのか サービスを感動に変える18の物語』
    (2013, PHP研究所)
  • 『介護サービスの海外進出(高齢者とケアビジネス)』
    ( 2016, 株式会社技術情報協会)

最近の委員等

  • 『福祉介護人材確保対策のあり方に関する調査研究事業』
    (2017,厚生労働省/平成29年度老人保健健康増進等事業)
  • 『特別養護老人ホームの開設状況に関する調査研究』
    (2016,厚生労働省/平成28年度老人保健健康増進等事業)
  • 『介護サービス等の国際展開に関する調査研究事業』
    (2016,厚生労働省/平成28年度老人保健健康増進等事業)

お問合せ先

saito@care-sp.net

各拠点長のご紹介

垰 和宏

経営コンサルタント児童サービス・介護サービス分野東京コンサルティングチームリーダー

垰 和宏Tao Kazuhiro

慶應義塾大学卒業後、金融系企業(上場企業)勤務を経て保育事業のコンサルティング会社へ入社。東京・千葉・埼玉・神奈川各県約30か所の直営保育所および日本各地のコンサルティング先のスーパーバイジング、保育士育成の社内研修の講師等を担当する。
その後、介護事業のコンサルティング会社に入社。老人ホーム・高齢者住宅等の新規事業開設時の市場調査および立地診断、マーケティングサポート、求人サポート等を行う。

最近は、企業主導型保育等の保育事業の立ち上げを多く手掛け、企画、保育計画、採用等ワンストップで支援し、2017年度も全国で数多くの保育園をプロデュースしている。

その他、介護施設若手社員に対する業界研修や、高齢者向け配食サービスのSV研修、現場の経営改善につながる介護マニュアル作成の支援、人材を人財にするキャリアパス構築支援等、介護事業所運営のサポート全般を手掛ける。

主催テーマ

  • 『保育事業所経営相談センター(2017年開設)』
    https://care-sp.net/hoiku/
松尾 厚

経営コンサルタント介護・医療サービス分野博多コンサルティングチームリーダー

松尾 厚Atsushi Matsuo

国立大学法人 鹿児島大学卒、国立大学法人 九州大学大学院卒(公衆衛生学修士)。回復期リハビリテーション病棟、デイケア等を経て入社。リハビリテーションと栄養やロボティクスなどとのコラボレーションにより、介護現場で実行可能かつ成果の出るリハビリテーションのサービス・システム開発・導入・定着の支援を実施している。
最近は「自立支援」に即したサービス開発・現場への導入の依頼が多く、理学療法士の経験を活かしながら介護現場でも継続できるリハビリメニュー等のサービス開発を全国で支援している。その他、通所介護で提供されるサービスの効果測定やエビデンス構築等の研究論文支援等も実施している。講演、研修等多数実施している。

主催テーマ

  • 『「介護サービス」維持・改善相談センター(2017年開設)』
    https://care-sp.net/outcome/