メルマガ紹介

メールマガジン

介護事業者向け経営メルマガ。介護経営フォーラムから「週刊介護経営フォーラム通信」

介護経営フォーラム主宰の齋藤直路が介護事業者向けの経営のエッセンスをお届けします。
介護事業のマーケティングとマネジメントを実際の成功事例を交えてご紹介いたします。

特養・老健・デイサービス・デイケア・有料老人ホーム・高齢者向け住宅など、
介護事業者の経営者・幹部の皆様が知っておくべきノウハウを発信します。

バックナンバーもご覧いただけます(PC版モバイル版)。
ご登録は以下のフォームにメールアドレスを送信してください。

メールアドレス (必須)

  

===== サンプルはこちらです =====
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016年10月25日発
◇◆週刊 介護経営フォーラム通信 ◆◇          発行:介護経営フォーラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★こんにちは!

介護経営フォーラム主宰の齋藤 直路です。

先週・先々週は多くの企業様を視察・議論させていただきました。
山形の自立支援・リハビリ先進デイサービス様、
群馬の定員500名規模の大規模なデイサービス様、
熊本の先進的な認知症カフェ、デイサービス・HOKORU様視察会、
石川のシェア金沢様視察会など、様々な企業様を視察させていただきました。

よく経営相談で「〇〇な取り組みをしたい」と相談を受けます。
全国を見渡すとすべて合致するわけではありませんが、
参考になる取り組みは山ほどあります。

このような事例を沢山みることで、
新しい事業を始める際に良いアイデアや取り組みのヒントが
沢山見つかります。

各視察ともに20~30名の方と一緒に見学や議論させていただき、
大変有意義な会になりました。
またそのような会を企画した際は、ご案内させていただきます!

また外国人技能実習生についても進展がありました。
こちらはだいぶ前から取り組んできたテーマになります。
適宜、情報提供させていただきますね!

秋が近づき、少し寒い日が多くなりました。
お気をつけて過ごされてくださいね!

━━━ 今日のコラム

★介護業界のサービス開発について考える

2ヵ月にわたりサ高住併設デイの利用者獲得に関するコラムを
お届けしてきましたが、今週は最後の章になります。

今回は、開発したサービスのプロモーション方法についてお伝えします。

せっかく手をかけ、時間をかけて創り上げたサービスも
認知されなければ価値がありません。

下記を参考にプロモーション戦略に取り組んでみてください!

◆サ高住併設デイの経営戦略
―入居者以外の利用者獲得成功事例― その⑧

==ポイント==================
・集客もB to B、B to Cと対象をわける
・B to Bでは専門職が交流する仕掛けを企画
・B to Cはお客様を育てるという視点で
========================

サービスの創り込みが完了したら、次はプロモーションが必要になります。

今回は、併設デイの稼働率アップの最後の手順として
対象別のプロモーションについてお話します。

⑥ 適切なプロモーション
創り込みをしたサービスは、効果的に地域に伝える必要があります。

そのためには集客においても対象者をしっかり分けるべきです。

例えば、BtoB(Business to Business ここでは居宅、医療連携室などの介護・
医療関係者を意味する)とBtoC(Business to Consumer、ここでは地域高齢者、
ご家族などを意味する)に分け、それぞれツールや手法を変えることが重要です。

続きを読む>>

http://care-sp.net/blog/successfulcase08/

☆第7回
http://care-sp.net/blog/successfulcase07/

━━━ 先週の振り返り

10月21日に衆議院法務委員会において外国人技能実習制度の
運営に関する法案が可決されました。

適正な制度運用の為の指導・監督体制の強化に加え、
受け入れ対象職種に介護分野も加えられる見通しです。

また、出入国管理および難民認定法の改正案も可決され
介護福祉士を取得した外国人に対し残留資格も認められる見通しとなりました。

本国会で成立し、来年度からの受け入れが開始する見通しとなっています。

介護分野における、外国人材に対する門戸が
大きく開かれる流れとなっています。

また、日本における介護人材不足解消に対する期待もあると同時に、
制度の趣旨は、日本の介護技術の各国への伝播です。

技能実習という名目で来日し、技能を取得した後、
母国に帰ってそれを活用するというのが本制度の趣旨になります。

期間が3年(場合によっては5年)と限られているのもそのためです。

日本で介護を学んだ人が、母国に日本の介護技術とその考え方を持ち帰る。

これが先々の日本の介護の海外進出を支える布石になればと期待しています。

★本件に関して、さらに詳しく情報交換をしたい方は、
下記までご連絡ください(事務局より)

メール:info@care-sp.net
電話:0120-99-4306

━━━ 2018年に向けた介護保険制度の方向性を先取り!
★東京にて、介護保険制度に深く関わっている、
先生に特別にご登壇頂けることになりました。

11月14日(月)に東京にて、
「介護経営フォーラム 特別セミナーin東京」の開催をさせて頂きます。

★★お申し込みは特設サイトへ⇒http://care-sp.net/seminar/tokyo/

お忙しい時期とはございますが、
是非、会場まで足をお運びいただければと考えております。

■開催概要

・日程:11月14日(月)13時~17時
・会場:AP品川10階E会議室(JR品川駅より徒歩3分)
・テーマ:次期改定とこれからの介護経営(仮)
・講師:上智大学大学院 准教授 藤井 賢一郎 氏
    株式会社スターパートナーズ 代表取締役 /
    介護経営フォーラム主宰 齋藤 直路 他
・お申込み方法:こちらのメールにご返信、
        または、スターパートナーズ宛にお電話ください
        特設サイトからもお申込みいただけます
        ⇒http://care-sp.net/seminar/tokyo/

・ご費用:10,800円(1名)
    ※11月4日(金)までのお申込みで15%の早期割引!
    ※介護経営フォーラム会員様は1名無料、2名以降7,000円/

━━━ セミナー&視察ツアー情報

★介護経営に関する実践的なセミナーなら、
「介護経営フォーラム」で決まり!2名様まで参加OK!

今年1年、本気で施設・法人を変えませんか!?

◆介護経営に関する会員制研究会組織

・介護経営フォーラム2016in仙台・第三回目(2016年11月11日)【募集中】
http://care-sp.net/seminar/20161111LP/20161111sendai_3_LP.html

・介護経営フォーラム2016in博多・第四回目(2016年2月10日)【募集中】

◆企画・講師を務めるセミナー
・11月7日(月)採用戦略セミナー&サービス開発セミナーin大分
・11月11(金)第三回 介護経営フォーラムin仙台
・11月14日(月)法改正対策特別セミナーin東京
          http://care-sp.net/seminar/tokyo/
・11月17日(木)採用・人財マネジメントセミナーin名古屋
・11月24日(木)採用・人材マネジメントセミナーin沖縄
・12月1日(木)海外介護人材講演@タイ・バンコク日本大使館

※詳細は事務局までご連絡ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社 スターパートナーズ 代表取締役
介護経営フォーラム 主宰 齋藤 直路

メール:saito@care-sp.net

事務局 田嶋
事務局E-mail:info@care-sp.net

◆プロフィール:
東京都出身。日本社会事業大学大学院卒。宮崎にて幼少期を過ごす。
大手コンサルティング会社を経て、同社設立。
介護施設のマーケティングでは、数々の成功を演出し第一人者との呼び声も高い。
人事制度、採用、研修等、経営全般を支援。
同時に、講演(年50回以上)、介護経営勉強会を主宰する。
厚労省等の介護事業の海外進出に関する調査研究事業パネリスト。
他、複数の行政関連プロジェクトの委員を務める。

◆著書①:『あの介護施設はなぜ、地域一番になったのか!!』(PHP研究所)

◆著書②:『あの介護施設には、なぜ人が集まるのか』

【講演多数】経営・マーケティング・人事制度・採用のことならお任せください。
※介護マーケティング/高齢者住宅開設・集客/人事制度/研修/海外進出※

本社:
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1丁目11-2 アイオス広尾ビル
※ご来社の際は2階受付にお越しください

目黒オフィス:
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前2F

TEL:0120-99-4306
FAX:03-6685-5753

◆ホームページ:http://care-sp.net/

>>配信解除、配信先の変更は
(バックナンバーのため省略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

top page