外国人人材受入体制支援センター

介護業界では2025年に約38万人の人材不足になることが、予想されております。
採用環境はますます厳しくなるばかりです。そこで
・技術移転を目的とした「技能実習生」
・学習が主目的である「留学生」

等の採用を検討する企業も数多くあります。
特に、2017年9月の社会保障審議会において、外国人技能実習生を人員基準に算定するという提案は、人材育成をきちんとおこない、より良い介護サービスが提供できるような仕組みづくりが不可欠です。

介護サービス経営

外国人人材受入体制支援センター お問合せ

☎︎ 0120-99-4306

外国人人材受入体制支援センター
外国人人材受入体制支援センター お問合せ

☎︎ 0120-99-4306

外国人人材 ポイント


これまでの受入企業を調査すると、日本に来るまでは一生懸命勉強していても、来日後はモチベーションが上がらず、なかなかうまく教育できないという例が多くみられます。本サービスでは、受入部門の業務を分析し、外国人人材専用に20段階のレベル分けを実施します。この20段階レベル分けプログラムを教育に活かすことで、1人前になるまでの業務の見える化と、モチベーションの維持ができます!

介護サービス経営 ポイント


これからの外国人人材就労の為の、就業規則の見直しや改善をおこないます。このプランでは経験豊富な社会保険労務士が御社の就業規則等をしっかり確認し、さまざまなリスクを回避する最適な内容に修正の提案をいたします。

外国人人材 ポイント


介護の現場では日本人が多く就労しているところがほとんどです。いくら経営判断とはいえ、急に外国人が就労するとなると、職員や利用者様の不安は大きくなるものです。そこで介護事業専用の「外国人人材受入ハンドブック」「外国人人材コミュニケーションハンドブック」を提供いたします。このマニュアルでは、介護事業において外国人人材を受け入れる際に、職員が知っておかなければならないことが整理されています。受け入れ時に重宝することでしょう。

介護サービス経営 ポイント


外国人人材を受け入れる際に、最も心配なことは「現場の理解」ではないでしょうか。人材不足ということは皆が理解しており、外国人人材がかなり手助けになってくれることも分かっているが、どのように説明したらよいだろうか。こんな悩みを解決する為の、本サービスでは、専門の講師が事業所での90分の職員説明会を開催します。ぜひ、現場スタッフの理解推進のためにご活用ください。

介護サービス経営 外国人


諸外国において、介護サービスというものはほとんど提供されておらず、医療と家事支援の中間というイメージが先行しています。日本の介護の考え方をわかりやすく、ルビを振ったテキストを活用して、日本の介護事業について伝えます。特に「日本の介護」「認知症ケア」「虐待防止」等の内容についてセミオーダーで作成します。

外国人人材受入体制支援センター


地域の各診療科別のクリニックの場所、近隣のバス停、ごみの曜日、銀行の場所と送金方法など、地域生活に合ったマニュアルをセミオーダーメードで作成します。

介護サービス経営 ポイント


ご希望がございましたら、
追加で「留学生受け入れ施設視察・意見交換会」を実施いたします。
受入施設の管理者・中核メンバーの教育にお役立てください。

外国人人材受入体制支援センター お問合せ

☎︎ 0120-99-4306

介護サービス 差別化
外国人人材受入体制支援センター お問合せ

☎︎ 0120-99-4306 介護サービス 事業所



スターパートナーズ

株式会社 スターパートナーズ

本社
〒141-0021 品川区上大崎2-15-19MG目黒駅前4階

TEL:0120-99-4306  FAX:03-6685-5753


博多支社
〒810-0001 福岡市中央区天神3丁目3番7号天神応順ビル7階